hermioni.com-タカラガイ博士のライフハック論-

館山のビーチコーミング、大阪ビジネスパークの食レポ、ブログカスタマイズ、ライフハック、将棋、仕事、就活知識、医療などちょこっとギャグを交えて幅広く紹介

GALLERIAガレリアの分解方法【PC故障修理】

【スポンサーリンク】

GALLERIAガレリアの分解方法【PC故障修理】

ガリレイドンナ(アニメ)見ました、どうもハーマイお兄です。

前回の続きです。

 

まだ見ていない方はこちらもご覧ください。

 

www.hermioni.com

 

 

上記の通り、原因を特定し、その原因を取り除くため、PCの分解作業を行うことを決めました。

GALLERIAガレリアのPCを分解してメモリを取り外す 

 

分解に使用する道具

 

分解に使用する道具は以下の通り。 

GALLERIAガレリアのPCを分解に使う道具

ドライバー、掃除機。異常です。本来もっと必要なはず。

私はシステムエンジニアですが、SEとは名ばかりカッコよさげなだけで、実際は業務以外の事は全く知りません。

本当は、エアダスターが必要だと思います。

パソコンの分解も久しぶりなので、とりあえず家にある道具の集大成がこれです。悔しいです。

 

GALLERIAガレリアのPCを分解する前に

 

GALLERIAガレリアのPCを分解をする前に、まずやることがあります。

1.電源ケーブルを抜いて電源スイッチを切る

電源プラグを抜きます。これは分かるかと思いますが、

デスクトップパソコンの裏側にある、電源スイッチというものを「切」にします。

これ意外と知らない方が多いです。

GALLERIAガレリアのPCを分解する前に電源スイッチを切る

これです。GALLERIAの場合は電源ケーブルを挿すユニットの横にあります。

2.全てのケーブルを抜く

電源ケーブル以外のケーブルも全て抜きます。

USBケーブル、HDMIケーブルなども抜いてください。

3.GALLERIAガレリアのカバーを外す

PCケースのカバーを外します。

注意点として、カバーは両方外すことが出来るのですが、前から見て左側のカバーを取るとメモリが抜き取れます。

GALLERIAガレリアのPCのフタ

※フラッシュのせいで見づらくてすみません。

 

私みたいに反対側のカバーを空けてしまうと、謎の部分が出てきます。

GALLERIAガレリアのPCを分解

こっち側は外れ。何も取り外せません。

 

正解は前から左側のカバーです。

左側のカバーを開けるとこのようになっています。

GALLERIAガレリアのPCを分解結果

こうしてみると、なんだかAKIRAみたいな芸術的な世界で翻弄されますね。PC内部はなんだか魅力的です。

 

ここからは、ハイパー掃除機タイムです。

GALLERIAガレリアのPCを分解して掃除機をかける
1年半程使いこんで一度も掃除をしていないので、CPUクーラーやその周辺にホコリが大量にこびりついています。

 

本当はやっちゃダメだと思うのですが、ブラシ付けた掃除機をCPUクーラーに押し当ててます。

 

GALLERIAガレリアのPCを分解して掃除機

意外と掃除機だけでも取れますね。

というより、ダイソンくんのお蔭かな?

 

そして、このCPUクーラーの裏側にメモリが差し込まれています。

GALLERIAガレリアのPCを分解したメモリの場所

8GBのメモリーが二枚刺さっていますね。

メモリースロットが4つでメモリが2枚の場合、通常メモリは1つ飛ばし隙間を作って2枚設置するようです。

 

とりあえず、CPUクーラー近くにあるメモリーの方が、熱が当たりやすくダメージを受けやすい(CPUが近い)ので、

故障している可能性の高いCPUクーラー近くのメモリーを抜いてみることにしました。

 

通常メモリーのスロット部分は、レバーが両側についており、両方のレバーを外してすんなり取れます。

 

しかしマザーボードの種類によりますが、このGALLERIAガレリアの場合メモリースロットのレバーが片方しか開きませんでした。

(両方開くと思っていたのでめちゃくちゃ力を入れてしまいました…。メモリー生きてて良かった。)

 

コツは、片方のレバーを空けた状態で片方だけ上に引き上げ、斜めの状態にして反対側も上に引き抜いていきます。

GALLERIAガレリアのPCを分解してメモリを取り出す2

抜けました。やや力は必要でした。

一つ抜けると、少し寂しくなります。

GALLERIAガレリアのPCを分解してメモリを取り出す3

メモリは一つになりました。

 

本当はここでスペックを維持するために新しいメモリーを1枚挿し込むのが普通なのでしょうが、

メモリー8GBも搭載していれば十分だろうと1枚で行くスタイルにしました。

(資金不足だなんて言えない…。)

 

あとはカバーを戻して再度起動、スペックを確認します。

GALLERIAガレリアのPCにメモリを抜いた後起動を確認。

「実装RAM」部分が「8GB」となっていれば、きちんとメモリーが取り外したことが認識されています。

 

念のため、最後にwindowsメモリ診断ツールを行います。

GALLERIAガレリアのPCを分解後、メモリ診断

特に問題が無かったので、これで完了です。

 

その後一か月ほどPCを使用していましたが、特に停止コードも表示されなかったので抜いたメモリが原因であったということが確実となりました。

GALLERIAガレリアのPCを分解して取り出したメモリ

抜き取った腫瘍(メモリー)です。8GBなので10000円相当?でしょうか…。正直痛い…。

 

再度設置も意外と面倒なので、買い替えるのはもう少し先になりそうです。

 

まとめ

如何でしたでしょうか?

 

CPUではなくて本当にホッと一息なのですが、それでも痛い出費ですね…。

お金を作るために行っていた仮想通貨マイニングのせいで、結果として数百円稼いで、10000円を失う完全な赤字となりました。

 もう仮想通貨には手を出さないです…。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。