hermioni.com-タカラガイ博士のライフハック論-

~館山のビーチコーミング、大阪ビジネスパークの食レポ、ブログカスタマイズ、ライフハック、将棋、就活知識、医療、資産運用などちょこっとギャグを交えて幅広く紹介~

簡単!ブログ記事の書き方のコツ【スラスラ書ける】

【スポンサーリンク】

ブログ記事の書き方のコツ

どうも、腱鞘炎間近、ハーマイお兄です。

 

ブログの書き方は色々な方法があります。

それぞれに合った書き方をするのが良いのですが、私の場合は書籍や雑誌のような書き方とブログの書き方をコラボレートしたような書き方で進めていけたらいいなと思っています。(あまり出来ていません。。。)

 

 

というわけで、それらの良い点を組み合わせた自分なりのブログの書き方を紹介いたします。

  

①書きたいテーマを選定する

 

一番はテーマ決めです。

これ書きたいな…と思うことをそのままザックリ検討します。

私だったら、「ビーチコーミング」が好きなので、「ビーチコーミングの注意点」をテーマとして考えてみます。

 

②ペルソナを作成する

 

良く聞きますよね、「ペルソナ」。

閲覧者ユーザーの人物像を想像していきます。

ビーチコーミングだったら、本来のニーズであれば

「30代~60代 女性」をターゲットにするべきなのでしょうが、

私の場合は「10代 男の子と30代~40代の女性」を意識していました。

親子が海に行きたくなってくれたらいいなあという気持ちです。

 

あとは自分が小さい頃こんなブログがあったら読んでたなあと思いながら作ってみました。

出来る限り、優しい気持ちになれるように努力はしたつもりですw

 

ただし、ビジネスで考えるとこのペルソナは誤りです。

圧倒的にそのユーザーが少ないためです。

大きく狙いつつ、ニッチな層を狙っていきましょう。

 

③コンテンツ(見出し)の構成を考える

 

いわゆる「見出し」ですね。

出来れば見出しh2、見出しh3まで考えられると後が楽になります。

 

ここはテーマに沿って考えられればそれで十分です。

④トピックの構成を考える

 

見出しが出来たら、トピックをざっくり検討します。

テーマの中にある「伝えたいこと」を箇条書きでもメモ形式でも良いので書き出していきます。

 

そして、ここが難しいところですが、5W1Hを意識しながら決めていきます。

「いつ(When)」「どこで(Where)」「誰が(Who)」「何を(What)」「なぜ(Why)」「どのように(How)」

これらをうまく当てはめて考えていきましょう。

すると、自ずとトピックの順番が決まっていきます。

 

コツ:大事なコトは最初に書くことが重要です。

焦らして中盤に持っていきたい気持ちは分かりますが、テーマを伝えたいとしたら、最初に書いた方が伝わりやすいです。

 

⑤書き込む

 

テーマの選定、ペルソナの作成、コンテンツの構成、トピックの構成が出来たら後はそれを元に書き込んでいくだけです。

始めはそのまま自分の想うがままに書き込んでください。

とにかくここは文章数で勝負です。出来るだけ多く、4つの決めた内容に従いながら進めてください。

 

⑥肉付けしていく

 

一通りの文章が出来たら、あとはそれをブラッシュアップ(磨き上げ)していきます。

文章を書いたら完成したと思いがちですが、一度の見直しは必須でしょう。

誤字脱字はもちろん、意味が分からない文章になることもあるので(私だけ)

また、⑤が必要なのは、途中で行き詰ってしまうのを防ぐためです。

肉付けをしながら進めると時間も掛かって割ともったいない気がしています。

一度50点の記事を作成してから、少しずつ100点に近づけていけば完成です。

 

まとめ

 

如何でしたでしょうか?

 

今回は「スラスラ書けるようになるブログ記事の書き方」をご紹介してみました。

こういうのってどこにでもある内容なのですが、いざやってみると難しいんですよね…。

なので自分なりにこれをアレンジして作っていった方が良いと思っています。

なにも人の書き方を真似る必要なんて毛頭なくて良いですからね。笑

毛頭はあった方が良いが…。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。