hermioni.com-タカラガイ博士のライフハック論-

~館山のビーチコーミング、大阪ビジネスパークの食レポ、ブログカスタマイズ、ライフハック、将棋、就活知識、医療、資産運用などちょこっとギャグを交えて幅広く紹介~

谷町四丁目の龍麺軒のラーメンは中国と日本のミックス

【スポンサーリンク】

龍麺軒

どうも、心も財布も寒いハーマイお兄です。

 

寒い季節からやっと解放されてきました。でもまだまだ夜は冷え込んでいます。

寒いときはラーメン!と言いつつ年中ラーメン食べてますが。。。

 

今回は2016年9月20日にオープンしたラーメン屋さん「龍麺軒」が出来たので行ってきました。 ちなみに5度目?の入店です。

 

 

龍麺軒

以前までのお店

ちなみにこちらのお店、以前は中華料理屋さんでご夫婦の中国人の方が営んでおられてました。

ラーメン+半チャーハンセットで680円!美味しかったなあ・・・・。

 

現在はラーメンを専門としたお店に切り替わっています。

龍麺軒のカウンター

替え玉が一玉無料が売りのご様子。

更に更に卵(一人一つ)、ご飯、キムチが無料で食べられます。  大量に食べて食費がとんでもない私にとってこんなに嬉しいことはございません。

龍麺軒の店内

店内は、カウンター席が10席ほど、その奥が個室になっていて宴会等によく使われています。

2階もありますがこちらも宴会用の為行ったことはありません。

入店すると店員さんがお客さんとお話していました。

中国人の方同志だったのでしょう、なんとも楽しそう。

奥に座り、メニューを開きます。

メニュー

こちらのお店のラーメンメニューは

・トロコツ白龍麺900円

・トロコツ黒龍麺900円

・トロコツ赤龍麺900円

・チャーシュー白龍麺830円

・チャーシュー黒龍麺830円

・チャーシュー赤龍麺830円

・トロコツチャーシュー麺850円

・しょうゆラーメン750円

・味噌ラーメン750円

・味付玉子ラーメン750円

となっており、830円以上から「白」「黒」「赤」という中二病にとっては嬉しかっこいいラーメン名が並んでおります。

ちなみに「白」、「黒」、「赤」とすべて食べてきましたが、 私は黒ゴマがたっぷり入っている黒龍麺が好きです。

その為、今回も「チャーシュー黒龍麺」(830円)を注文。

注文時、なかなか中国人のお客さんとのお話が終わらず、手を上げてから1分ほどご歓談待ちしておりました。(笑)

ここから私のお気に入りのやり方ですが、 ラーメンが来るまでの間に炊飯器からご飯を盛り、ゆで卵の殻を取って、 キムチを小皿に乗せて待機します。

この3種の神器が出来て、やっと待機です。ついでにキムチつまみ食いです。

黒龍麺

黒龍麺

それから程なくして、黒龍麺到着。

この中に、先ほどの剥いたゆで卵を投入。

 ゴマの香りがとても強く、スープが隅々までゴマが浸透しています。

味は結構濃いめであり、家系ラーメン並みの濃さがあると思います。

麺はちぢれた細麺で、スープにガッチリ絡みます。

チャーシュはボロボロ崩れやすくなっており、食べやすいです。

ご飯は、黒龍麺の濃さを薄めるキーポイントです。

キムチいつ食うねんって思われますが、気分で挟んでいきます。

 

私はゆっくり食べる人間のため、食べ終わったころには人が誰も居なくなっていました。

完食後、水を大量に飲み込み、お会計。

店員さんは見掛けない中国人の方でちょっと素気ない感じでしたが、いつも通りの美味しさだったので満足です!

 

龍麺軒の得点結果発表

 個人的に勝手に点数付けした、結果発表です。☆5が満点です。

 

美味しさ:★3.5

内装・雰囲気:★3

価格のコストパフォーマンス:★3.5

スタッフサービス:★2

清潔感・身だしなみ:★3

総合評価★3

 

一言二言:正直、ラーメン屋さんでご飯やキムチなど、たくさんの無料サービスが充実しているのは良いのですが、元々の注文した「チャーシュー黒龍麺」は830円。一番安いラーメンでも750円掛かります。うーん高いかな。

また、スタッフはお客よりも中国人の友人を優先されていました。

客に飯作るのは後回しといった感じがとても伝わったので、サービスは微妙に感じました。

場所はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「谷町四丁目にある2016月9月20日Newオープンのラーメン屋さん 『龍麺軒』」をご紹介しました。

まだ寒いんで、もしお越しになられたらラーメンでも食べに行きましょう。笑

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。