hermioni.com-タカラガイ博士のライフハック論-

~館山のビーチコーミング、大阪ビジネスパークの食レポ、ブログカスタマイズ、ライフハック、就活知識、医療、資産運用などちょこっとギャグを交えて幅広く紹介~

【虫歯にならない方法】虫歯ゼロの歯を公開!オススメ歯ブラシと豆知識【歯科衛生士に聞いた】

【スポンサーリンク】

オススメ歯ブラシ

こんにちは!ハーマイお兄です。

掲題の通り、私は虫歯になったことが人生で一度もありません。

(親不知は色々死にかけているようで近々抜きます…)

 また、「今ある歯はメンテナンスをきちんとすれば全て一生使うことの出来る歯です」と歯科医師にもお墨付きを頂いており、私の唯一自慢できるものだと考えています。

丁度、私の歯磨きという特別お題キャンペーンがありましたので、今回は友人の歯科衛生士にも聞いてまとめた「私のオススメ歯ブラシと歯の豆知識」についてご紹介いたします。

ついでに、需要があるのか全く分かりませんが、私を歯をお見せします。笑
※歯の撮影をしたのですが、どうしても自分の残念な顔が映ってしまうため、上手く切り抜いて歯の部分のみを公開します。

 

電動歯ブラシと普通の歯ブラシどっちがいいの?

結論から言うと、「時間を効率的に磨き上げるなら電動歯ブラシ」です。

私の場合は日によって、気分によって使い分けをしています。

例えば、時間が余っていて歯磨きをゆっくりしたい時は普通の歯ブラシ、時間が無いけど効率的に磨きたい時には電動歯ブラシ、といった使用方法です。

普通の歯ブラシの方はどこにでも売ってる100円程度の歯ブラシです。

電動歯ブラシは、オムロン音波式電動歯ブラシの安価な物を数年間ずっと使っています。

近所のスーパーで2800円(税抜)で販売されていましたが、楽天では2280円(税込)で売ってました。


 

 この電動ハブラシのポイントは、ただ押し当てるのではなく、当てながらいつもの歯ブラシのようにシャカシャカして大丈夫な点です。

通常のブラッシングを音波で補助しているイメージだと思えば分かりやすいです。

またオススメの理由として、替えブラシが数種類あって充実していた点です。

初期のブラシも奥歯にあたるように工夫が施されており、よく掃除できます。

以前に安い謎の電動歯ブラシを買いましたが、ブラシ部分が雑すぎて即使用を辞めました。 

旅行とかにも持っていけるのでオススメです。

オススメの歯磨き粉は、ピュオーラとか、アクアフレッシュとか、クリニカとかOra2とか色々試してみたのですが、最終的にはGUMデンタルペーストに戻ってきました。 

歯ブラシはどんなものがいいの?

普通の歯ブラシには大きく分けて「大きさ」と「硬さ」の二種類の違いでそれぞれ販売されています。

大きさは小さ目な歯ブラシ

 どれがベストなのかは個人差があるので、なんとも言えないのですが、

「大きさ」に関しては、基本的に歯がよっぽど大きくない方(ほぼ全員)はブラシ部分の小さい歯ブラシが望ましいです。

 

「大は小を兼ねるやろ!」と大きい歯ブラシを買いたくなる気持ちは分かるのですが、ブラシ面が大きい分、奥歯に行き届かず、磨き残しが生まれてしまうため、オススメ出来ません。

 硬さは普通の歯ブラシ 

そして「硬さ」に関しては、これも個人差がありますが、基本「普通」のもので十分です。

柔らかすぎれば長年取り残した固い歯垢が採りきれずに掃除にならず、かといって硬すぎればエナメル質まで削ってしまいむしろ虫歯が出来やすくなる恐れがあるためです。

なお、普通の歯ブラシだったとしても結局のところ固まってしまった歯垢は取り除けないため、それを取り除くために早くて3か月~遅くても半年に1度は歯医者へ通い、クリーニングで歯垢を取り除いてもらうのがベストだそうです。

意外なお話ですが、アメリカでは歯医者のクリーニング費用がとても高額なため、アメリカ人は基本的に歯ブラシ後のデンタルフロスや歯間ブラシ、そしてリステリンは欠かさないそうです。

日々のブラッシングと定期的なクリーニングに努めれば、今ある歯を一生使うことだって出来てしまいます。

私の場合は、20分程度歯ブラシをした後、時折デンタルフロス、時折歯間ブラシを交互に使用しています。

本当はフロスも歯間ブラシも使った方が良いのでしょうが、そんなんしてたら一食分の時間が掛かります。笑

フロスはなるたけ安いもので使用しています。

下記のアイテムなら一つ100円いかないのでオススメです。


 

 

歯間ブラシはこっちですね。


 

これも一本で換算すれば100円ちょいとお得です。

歯科衛生士さんによれば、歯間ブラシは一度だけでなく、ちゃんと洗っておけば1週間程度は持つとの事でしたので、16本で16週間(約四か月)分は使用することが出来ます。オススメですね。

私の虫歯ゼロの歯を公開

意外とお楽しみにしているかも分かりません、私の歯。笑

公開言うても、ニッコリ笑顔を切り抜いて晒すだけです。笑

こんな感じ。

虫歯ゼロの歯、公開

んー、磨きすぎているのか、よく見ると歯の先が少し欠けていたりします。かなC。

ちなみに歯の矯正などは一切していません。これは、親に感謝しなければなりませんね。

 

まとめ

歯の寿命は健康寿命と深くかかわっていることが分かった昨今。

歯医者が乱立するのも、歯の重要性が叫ばれているが故だと思います。

紹介した内容を参考に、自分にとってより好ましい歯磨きを考えてみる良い機会ではないでしょうか?

私のオススメはやはり「普通の硬さで小さ目な電動歯ブラシ」ですね。


 

 

ちなみに、今なら「楽天スーパーセール」なので口内用品をまとめてお安く買えます。

 

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 

 

電動歯ブラシ「ドルツ」特別お題キャンペーン #はてなブログ歯みがき週間 「私の歯みがき」

バナー
Sponsored by Panasonic