hermioni.com-タカラガイ博士のライフハック論-

館山のビーチコーミング、大阪ビジネスパークの食レポ、ブログカスタマイズ、ライフハック、将棋、仕事、就活知識、医療などちょこっとギャグを交えて幅広く紹介

行動している人は美しい【ブログ、ナンパ、家事親父】

【スポンサーリンク】

f:id:hermioni:20190514234639j:plain

あれから僕たちは何かを信じてこれたかなあ、ハーマイお兄です。

 

私は音楽・映画・思想などが大抵30~40代くらいのおっさん向けコンテンツを好む傾向にあるみたいなのですが、

実はまだまだ20代。

しかし近年20代後半に入り、半生を少し振り返ってみると、行動力の高い人の方が得てして幸福を手に入れていると感じています。

  

当然ですよね。休日一日中家で寝ている人は体力の回復くらいしか手に入れられません。

しかも太るし。

今回はそんな行動力の高い人がいかにうつくすいいかを考えます。 

 

身の回りにも、行動すべき事柄は溢れている

  

ここのメディア界隈で言えば、ブログも、youtubeの投稿も行動力の塊です。

以前、元はてなブログ界の帝王「フェスティバル」さんが、「私はブログを書く人が大好きだ!」と仰っていた気がしましたが、その真理は一貫して行動力を評価しているんだと思っています。

 

ブログをやっていない人でも、いくらでも行動は出来ます。

日常生活だってそうです。大きなところでいえば転職

 

やりたくない仕事をずっとし続けて、モチベーションを下げて会社に貢献しないのなら、会社的にも人物的にも行動しているとはいい難いです。

転職して好きな仕事、やりたい仕事に就いた方がモチベーションも上がるし業績も上がります。

 

何かを目標成し遂げるために、起業や資格取得、アプリ/サイト構築なんかも楽しそうですね。

 

少し小さめな観点でいえば、家事もそうですよね。

家事をどこまでやるのかは裁量でいくらでも左右できますが、

洗濯して皿を洗って、部屋を掃除するプロセスにきめ細かいポイントを作れば行動力は上がります。

 

・洗濯では袖口や襟の皮脂を手で落としてから入れるとか

・皿洗いの後に乾拭きするとか

・掃除では掃除機後に水拭きを用いてみるとか

・トイレを真っ白になるまで磨いてみるとか。

 

それだけでも十分行動力が上がっていると言えます。

たとえ一人暮らしで誰からもその一日の労を労ってもらえなくても、明日の更なるベースアップにつなげていけます。

 

行動したものはやがて実となり、何かしらの結果を生んでくれると信じています。

トイレにはそれはそれは綺麗な女神様が居るんやで。

 

良くない事なのに、行動力から大成してしまう事例もある

  

何かしら行動している人って、たとえそのやり方が一般的に正しくないとしても、やり続けていると大成してしまったりして吃驚します。

 

まあ、分かりやすく結果に表れる事例といえば恋愛(ナンパ)ですよね。

行動力の高い男性ほど、女性にモテます。

 

いわゆるナンパも行動力の一つです。

私はいわゆる陽キャのような心を持ち合わせていないので良くないイメージしか持っていないのですが、かといってその行動力を否定もしません。

むしろ行動力の塊として頑張っている人たちをめっちゃ凝視してしまうタチです。笑

(ナンパ師すみません。)

 

ブログに関しても、こんな事例がありました。

過去に、美容ブログで明らかに他サイトからパクったような記事をまとめましたみたいなブロガーさんを拝見しました。

そのサイトは、アドセンスにずっと不合格で落とされていました。仕方ないですよね。

 

一時期アドセンスフォーラムに相談に来ていて、アドバイザーさんに「パクリコンテンツをやめなさい!」とめっちゃ叩かれていたので良く覚えていますw

 

それでもその女性ブロガーは行動を怠らず、投稿を続け、アクセス数は伸びに伸びて3000pvくらいいっていたみたいです。

それくらいあったら、もはやパクリだろうがアフィリエイトでお構いなしに稼げてしまいそうな勢いですよね。

 

まあこれは著作権に違反するのでやってはいけない良くない例ですが、継続して大成したという意味では素晴らしい実績だと思います。

 

まとめ

 

結局のところ、「行動」とは自分をより良くするためのベースアップ方法だと思います。

 

 

行動力の塊のような人に憧れます。

 

私は自分の将来も決められない残念な人物ですが、

今までの経験した反省はエントリー(記事)として幾分か利用価値があると思っています。

 

今まで何も行動して来なかった分、今後は記事に落とし込んで頑張りたいと思います。

参考にしてもらえれば幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。