hermioni.com-タカラガイ博士のライフハック論-

ビーチコーミング、ガジェット、タピオカ、ラーメン、ブログカスタマイズ、ライフハック、将棋、仕事、就活知識、医療、自殺、うつ、適応障害など幅広く記事にしてます。

ホームアローンのSomewhere in my memoryの歌詞が涙腺崩壊するんだが【和訳と解説付き】

【スポンサーリンク】

somewhere in my memory

こんばんは、ハーマイお兄です。

 

突然ですが、私が昔からずっと聞いていた曲があります。

Somewhere in my memory.

www.youtube.com

ホームアローンの映画の挿入歌で、「私の記憶のどこかに」というタイトルです。

タイトルがもうイかしてるというか、ノスタルジーをそそるというか。破壊力が凄いです。

 

実は私が仕事で終電帰りの翌日、寝不足で向かうバスの中で、挫けそうな時この曲に何度も助けられていました。

(結局体壊すんですけどねw)

 

この曲、最近ではオーケストラで大規模に弾かれていたんですね。

www.youtube.com

とても温かい気持ちになります。

軽く和訳していきます。

 

 

 

Somewhere in my memoryの歌詞と和訳と解説

一応4小節に勝手に区切って歌詞・和訳・解説していきます。

 

Candles in the window

窓辺のキャンドル

Shadows painting the ceiling

陰が天井を描いている

Gazing at the fire glow

炎の光を見つめながら

Feeling that gingerbread feeling

ジンジャーブレッドの気持ちを感じながら

 

第一小節は、子供の頃の思い出ですね。

暖かなおうちにキャンドルを飾って、影でいつもの天井が鮮やかに彩られて...。

イメージが頭に綺麗に映し出されていきます。

ジンジャーブレッドはアメリカではクリスマスに作る伝統的なクッキーです。

 

ジンジャーブレッドの気持ちを感じるということは、ジンジャーブレッドになりきっている、ということですね。

なんか、子どもらしくてとっても可愛らしい表現です。

加えてジンジャーブレッドという固有名詞をここで用いるのが凄いですよね。

日本で例えると秋元康さんの曲を思い出しますね。

(フォーチュンクッキーとかメロスのようにとか)

タイトル「ジンジャーブレッド」でも売れたんじゃ←殴

 

Precious moments

かけがえのない思い出たち

Special people

特別な人たち

Happy faces

幸せな顔たち

I can see

私には見える 

 

第二小節では第一小節で出てきたキャンドルやジンジャーブレッドから、

歌の中でイメージが浮かんできているんですね。

これ凄いですよね。

この歌から、私たちは歌い手がイメージしているものをイメージしているんですよ。

もしくは本当に見えているという意味合いなのかもしれませんが。

Special peopleってフレーズが個人的に好き←

 

Somewhere in my memory

私の記憶のどこかに

Christmas joys all around me

クリスマスの喜びが私の周りに

Living in my memory

私の記憶に生きている

 

第3小節では、過去の思い出を振り返っているのですね。

クリスマスの楽しかった思い出、みんなが喜んでいる情景が浮かびます。

懐かしいとノスタルジックになっているというよりは、純粋に幸せな気持ちになっているといった印象ですね。

ところでなんですか、私の記憶に生きているって。

映画の主人公のセリフくらいでしか聞いたことないようなカッコよさ。

 

All of the music

全ての音楽

All of the magic

全ての魔法

All of the familly home here with me

全ての私の家族が私とここにいる 

 

第4小節では、まとめですね。

ラストのAll of the の反復?韻?が神がかってますね。

「magic」という響きがファンタジーですよね。

(一瞬ディズニーソングかと)

ラストの「familly home」は「実家」という意味なんですが、

なんか固すぎてしっくりこないので「私の家族は、いつも一緒だよ」というニュアンスだと思っています。

 

こんな考え方もあります。

今は家族が居ないのかもしれません。

年を取って、もう家族が亡くなっているのかもしれません。

一人ぼっちになってしまっているのかもしれません。

だけど、この曲を通して、家族を思い出している。

楽しかったクリスマスの記憶を思い耽っている。

私にはそんな風にも聞こえます。

 

つまりこの曲は、子どもが聞いても可愛らしい曲とも聞こえるし、

大人が聞くとどこか懐かしく、少し悲しくも幸せな気持ちになれる曲なのでしょう。

 

そんな気持ちになれる曲だからこそ、私は毎回涙腺崩壊してしまうのかもしれませんね。

 

まとめ

私見ですが、最近歌詞は読まず音楽の雰囲気で好きになる人が多い気がします。

日本の歌で英語とかを歌うときも、その意味を分からなかったりします。

 

日本語の歌も当然、歌詞を読むと意外と深かったりします。

すると英語の歌なんて初めからわからないので、もっと奥深くて面白かったりします。

 

この曲はテンポがスローで且つ英語も簡単なので、大変読みやすいと思います。

もしこの曲を聞くことがあれば、是非ジンジャーブレッドの気持ちになって、

子供の時に聞いていたら、大人の時に聞いた自分の想いと比べてみると更に面白いかもしれません。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。